FC2ブログ

GWとミコれんと

0508_00.png
GW限定で猫化してました!!

最近は有難いことに、色々な人と交流させていただいているのですが、
まぁ可愛らしいララフェルの方が多いこと多いこと!

「ララを愛でるにはやはりララ以外の大きな種族にならないとね?」

という某ララコンの人が言ってたのを思い出したのと、ちょうど去年の秋頃に購入して残ってた幻想薬を使いきりたかったというのもあり、それじゃGW後半くらいは久々に幻想しよう!ってなって結果的にミコッテに落ち着きました。

やっぱりFF14のミコッテ♀アウラ♂の造形は素晴らしいと思うのです!!

なので今回も前回同様のミコッテです。尚同様に推しているアウラ♂ですが…
あれは自分でなるものじゃない。 街でイケメン見かけたらprprする、そのくらいの摂取量で良いものなんですよ、リアルと一緒!!

まぁ正確には、そもそもこういったゲームで男キャラを作らないのでどうしても自分の納得のいくイケメンが出来ないこと出来ないこと。
3時間くらい考えててめんどくさくなってやめましたw

0508_09.png

おじいちゃんエレゼンは30分で出来たのにね?w


いやぁ… しかし相変わらずララから巨大な種族への幻想なので、
動くとなーんかもっさりする…
とか愚痴言いつつも結構あっちこっち行きました!w

エウレカは勿論ですが、引退の時期と被っててあまり行くことのなかったIDやら、蒼天の極蛮神とか!

0508_01.png

蒼天の極蛮神に関しては未予習&そもそも構成的にきつくてクリアできなかったので、
またリベンジしたいところではあります!

あとは1期生のひとり、あーちゃんがそろそろ黒魔導師がカンストする!とのことで先んじて助けられるようにという建前の元、黒魔の修行を兼ねたレベリングもしてました!

0508_06.png
黒魔レベリングの時にひっさびさに行ったLv69ID。
普段だと等身が低いのでこういったカットって中々撮れないのですよ。もっと見上げる感じになるのですね。

0508_07.png
黒魔のジョブクエのカットシーンなのですがララと位置が違う!

やっぱり身長高いキャラだとそういった細部も違うものなんだなぁと思いました。

あと乳デカいなぁ!?とも思いました。

0508_05.png
今回の幻想に関しては、如何せん「ララフェルを愛でる」が目的だったのでわざと身長を高めにキャラメイクしました。
これにはワケがあってですね……

最小ミコッテだとララフェルの大きさによってはしゃがんで頭を撫でれないことがあるのです!

過去にれんげさんが「成長期!」と言って、身長だけ大きくする幻想を行った際に、フレンドの某ミコッテさんがれんげさんの頭を撫でれない!と嘆き、挙句の果てには撫でれるまで幻想薬を10個も使うといった事例もありました。

上のSSは身長最小で作ったリテイナーなのですがね、一目瞭然ですね。

0508_02.png
ララやってるとみんなでかいなー、程度にしか思わないのですが、こうやって自キャラの身長で遊んでみると様々な発見もありました。

クガネ入りしてムービー見てるあーちゃんを見つけてぱしゃり。
あーちゃん、以外にも高身長だということに気づく。 やっぱりイケメンは身長ないとダメかー。

ララ同士じゃないと絵になるってことなかなか無いのですが、こう見ると色々ロマンスありそうな絵に見えなくもない?ですねw

0508_04.png
とまぁこんなことしてたらGWが終わりましたw
前半と違って、後半はほぼ家から出ないでだらけてましたね。。。

次の祝日は7/16の海の日まで無いと聞いてがっくりした人も多いと思いますが、
その前にパッチ4.3くるからね! 楽しみだね!

0508_10_20180508002111ff5.png
そしてGWの終わりとともにララに戻りましたw
ついでに髪の毛切ってイメチェンしました。 …別に失恋したわけではないです!w

そろそろ他の種族にしてもいいかなぁと思いつつ、そもそも次はいつ幻想するのやら…?w

でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

桔梗 蓮華

Author:桔梗 蓮華
FF14 イフリート鯖にて世界を救ったりしながら日々全力でまったりすることを目標に生きてます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

初心者講習用記事
初心者まとめ
タガタメ学園まとめ!
タガタメまとめ
ポケットれんちゃん
 
カテゴリ
いつも感謝