fc2ブログ

タガタメ学園 活動を終えて(後編)

20210831_01.png

……はいっ!!
8月も今日で終わりですね。
今夏もなんかあっちゅーまに終わってしまったなぁと。


それでもまだまだ日中は暑いですし、コロちゃんの影響でマスクもまだまだ外せないしなので熱中症には十分お気を付けを…!

れんげさんも毎日汗だくになって働いてるのでもう洗濯が間に合わないというね…。
ホント、お母さんはすごいんだからみんな感謝しないといけないって思う夏の夜。

さてさて、そんな8月の終わりの日。
改めて活動を終えて、色々お話ししたいと思います、タガタメ学園の日々。

最初の記憶、そして実際に活動を始めて、1期~5期の思い出は下記ページに記してあります。
→ タガタメ学園 活動を終えて(前編)



20210831_06.png
2019年の夏。 今からちょうど2年前。

タガタメ学園はIfritサーバーからGaia DC全域への活動を広げました。
はい、この年の6月に5.0がきて、その際にCWLSが各時8つまでもてるようになったのがひとつの理由です。

とはいっても、漆黒始まって直後かられんげさん自身新しいことに集中したかったのと、
あとは、このタイミングで色々仕様変更(タンクのスタンス削除など)があったので、一度資料を全部作り直したりする時間がほしいなぁと。
勿論、新ジョブ含め最低でも各ロールは触れる(カンストにまで持っていく)ことは必須だったわけで。

この時期にAF4の一式を公開してましたが、このカンスト順を見てみるとなんとなーく順番があったとかなかったとか…w

そんな気合いの入った6期生。

20210831_08.png

いやもう、、、強烈な面子が入ってきたなぁってww

個々人が良くも悪くも「我こそ主役!!」って感じでした。
いやぁここまでひとりひとりのキャラが強烈だったのは後にも先にも無かったなぁ…ww

20210831_09.png

それでいて、みんなそのまま最後まで駆け抜けて、今も変わらずだから尚更その強烈さが印象的だったんだなぁってw
どの子も「強い」って言葉が当て嵌まるって普通に考えて有り得ない。
そんなれんげさんの常識をぶち壊してくれました…… いやぁ、今でも思うw

さてそんな強烈な6期を終えると時期も年も明け。

20210831_10.png
初めての新年会でした。

正直、新年会をやるってひとつの夢でして…。
当時FCに在籍していたメンバーにお願いしたら地下にすごいのが出来ちゃって。
それがあまりにも凄すぎて今だに残ってますw

因みに教室をリニューアルしたのもこの時。
今まではノーセンスのハウジングが匠らの手によって綺麗に生まれ変わりました。
結構頻繁に模様替えしたがる身なのですけど、何だかんだ最後までその配置で最後までいったので、気に入ってたんだなぁって改めて思う。

20210831_11.png
さて、そんな新教室で始まったのが7期生。

個々が強い6期に対し、団結力が強いと言ったら7期かなぁって。

学園で初めて出会って、同期同士でエタバンした子たちって7期の2人だけでしたし。
元々のパートナーさんで2人で入学してエタバンだったり、
生徒と教師でエタバンってのはありましたけど、
まぁ7期の中心人物が良い意味で周りを巻き込んでたようで。

この位の時期から、れんげさん自身あまり生徒の中に入ろうとはしないようにしていまして。
ふわっと終わりが見えてきたのもこの時期で、確定的になるのが8期の面接中でしたね。

ただそれでも続けよう、って思って行ったのが、
20210831_12.png
めっちゃ見づらいですがメンバー全員学園生。
そうです、学園生のみで行くクリスタルタワー(下限)
結局時間いっぱい使ってクリア出来なかったけど無駄に盛り上がった記憶がw

20240831_13.png
言うても全員学園生でレイド攻略はひとつの夢でもあったのでやりたいことが順当に出来てしまったので、
正直言うと8期生以降はちょっとやっててしんどい部分が多くてですね。。。

現にれんげさん自身のログイン率減って行ったのもこの時期で、
8期やっても、どうも元には戻らなくて、
じゃあホントに無理なんだろうか、って思って考え付いたのが公開授業。

本来なら授業に参加出来るのはある時期に決まっただけの人数、限られたメンバーのみ。

大体授業がはじまると、参加したかったけど日時が無理だった…、
気付くのが遅かった…、とかとか。

じゃあこのタイミングで普段は学園生にならないと聞けないれんげさん流の「初心者強化」
戦闘に関する部分だけですが、公開してみようではないかと。

10月の毎週土曜に参加自由で公開させて頂きましたが、これが結構評判良かったんですよね。
それの調子に乗って9期を始めて……、

でもどうしても7期始まるまでのモチベには戻らなかった……。

状況的にモチベ上がらない状態で8期をやってしまっていたので、ホント正直言ってここで終わっておけばよかったんですよね。
明らかに周りを巻き込む力が自分でも弱ってるのは実感してましたし。。。

そして決断した今年の新年会でした。

ただ9期で終わるのは如何せん中途半端じゃない?という周りの声に推されて、
解散前提での10期。
綺麗に終わらすつもりだったのですが、どうしても、どうしても……。


20210831_05.png

今にして思うと、本当早い段階で手を打っておけばまだ違う道もあったんじゃないか、って思います。
ただ最後のほうは、あれだけ大口叩いておいてこれだけしかしてくれないの?って言われても仕方なしな対応で。

20210831_14.png

現にこう言われてたりもしますしね……。
まぁこの方の場合は、学園入学時の時点でレベルが高く、入学後も自分だけのちからでガンガン先行してたのでれんげさん自身なにも手を出せることが無く、ほぼ放置みたいな形になってましたしね…。
私もこの方のことを最後までよくわかっていなかったので、まぁお互いを理解してなきゃこう思われても仕方ないよねって典型的な例だなぁ、と。
(某氏が継いでくれた新しいCWLSではれんげさんも居ないしで、のびのびプレイされてると聞いて何よりです)

ちなみに、この方はまだマイルドな方で、この方以外でも結構厳しめのお言葉を頂いたこともあります。

まぁお互い中の人は人間なので、合う合わないあるのは当然なので仕方ないのですが、ただ決断力に関しては無理にズルズルやって、周りを巻き込みすぎてしまったなぁ、、、と言うのが率直な感想。
毎日毎日申し訳ない申し訳ないっ…!って思いながらログインしてましたからね。
引きずりまわしてる人間が何言ってんだって話ですよ、ホント。。。

20210831_16.png
………はいっ!!
これ以上ネガティブになるのも嫌なので総括に入ってみましょう!

正直な話、決まった時間に集まって授業形式で支援を行うということ。
それは果たして必要なのかどうか。


必須かどうかで言ったら、必須ではない、と断言します。

多分、私のやっていることは、それこそこのブログ等使って、記事等にしたほうが全然良いに決まっています。

なので必須ではないです。


それでも、決まった時間に、場所にキャラクターを集めて、
テキストチャットを使用してお互いとのコミュニケーションを取るということは、
それはMMOの醍醐味なんです。
MMOでしか味わえないんです。

FF14ってなかなかそういった機会は、それこそ自分から飛び込んでいかないと巡ってきません。
ただただメインクエを進めているだけでは絶対に行き着くことが現状だと出来ないし、あったとしても可能性は限りなく低いと思います。

そんな中で、初心者の人でも入って来れるコミュニティ。
前に、生徒のひとりから、
「タガタメ学園は毎週授業と言う名のイベントをやってくれるからすごく楽しい」
そう言ってもらったことがあります。

ただ漠然とその場その場で支援をするよりも、毎週顔を合わせてあーだこーだやったほうが絶対に楽しいに決まってます。
楽しいを知るのは全プレイヤー共通の権利です。
だからこそ、どんな形であれ、そういう場はあったほうが良い、というのは断言できます。

必須ではないけれど、必要ではあるのかな。 
と活動をしていて常々思いました。



ここまで読んで、それを踏まえた上で。
自分もやってみたい!と思った方。
是非初めてみることをお勧めします。
新しい『初心者強化CWLS』が生まれてくれることを願うばかりです。



最後に。

終わってしまった今だから言います。
参加してくれた生徒の皆様、また応援してくれたフレンドの方々。
本当に、ほんっとうに、私みたいなララフェルの我儘に付き合ってくれて有難うございました。
その我儘を察して、不快だ、そう思った方は多いと思う、

それでも背中を押してくれた人、
全力で追い抜いてその先の景色を魅せてくれた人、
楽しんでる姿を魅せてくれた人、

私が教えられることはあんまりなかったけど、
教わることは沢山ありました。

不出来な先生でごめんなさい。
続けられなくて、終わらせてしまってごめんなさい。

でも、本当に最後まで勝手なんだけど、
君らの魅せてくれた世界を見たいから、立ち止まってた私も追いつきたいと思う。
だから、これからも私以上に色々見て、感じて、楽しんで下さい。

こんな私の生徒で居てくれて、本当に有難うございました。

20210831_15.png

2018年1月 から 2021年7月。
活動期間 3年半。
入学生徒 44名。

本当にお疲れさまでした。



でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

タガタメ学園 活動を終えて(前編)

20210803_01.png

2021年7月31日。
ひとつの初心者強化CWLSの活動が無事に幕を閉じました。


活動期間は実に3年と半年!!

本当に、本当に長いようで短かった……。


20210803_03_20210803001445c8e.png
事の始まりは2017年12月。
クリスマス前にとある募集を始めたのがきっかけ。

まぁそれ以前からFF14で初心者支援をやってみたい。
どうせなら過去に別ゲーでやってたみたいに、青空教室みたいな感じで、教師役と生徒役に分かれてロールプレイ出来たらいいなぁ…って。
私の師匠が引退してから1ヶ月くらい経ったくらいには思ってたので、このブログを掘り起こしたのはその準備も兼ねてもあったりします…w

やろうと思ってからはまた早くって。
前のお世話になったFCにお別れして。
ブログ続けながら初心者支援の記事書きつつ、授業の準備して。
当時はCWLSなんて無かったのでLS立てるところから始めて。
教師役で人数集めたはいいけど全員自由人だから中々上手くいかなくって、
結局最初は全部ひとりでこなしましたね……w

そもそも、ひとりでも来てくれれば御の字だ。
そう思っていたらなんと2人も参加表明してくれて。
PT組むのに、ひとりはれんげさんがPT入るとして、残りひとり、どうにかならないものかと。
そこに、ちょうどフレンドさんで始めたばかりの方が居て声をかけたら喜んで参加してくれて……。

20210803_04.png
それが1期生でした。

授業が本格的に始まったら始まったで、いつまでも教室が無いのはダメかなぁー…と思いソロでFCランク上げて。
FCハウスって、実は建てたことなくて、四苦八苦しながらミストの自宅の隣に学園を建てましたw

まさかの夢の自宅から歩いて30秒の職場…!w
リアルだったら願い下げですがねw

20210803_05.png
そういや最初はまともな家具が無くて、
とりあえず座布団敷いてやってたなーw

(その後大急ぎで教室作ったとかなんとか)

色々手探りでしたが、何とか1期生は9回の授業を修めました。

最初は1期だけで終わるつもりでした。
でも1期生は言うのです。

「後輩が欲しい!!」と……

確かこの時のれんげさんって、割といけるもんだなぁ…ってタカをくくってたというか味をしめたというか…w

20210803_06.png
そして割と間髪入れずに始めた2期生。
募集した人数はなんと倍の6名!!


某1期生が実はサブキャラで、メインではガッツリキッチリやることやりまくってるガチ勢と聞いて。
じゃあ手伝ってwということでギャザクラ講座を始めてみることに。
……そのまま最後の10期生まで、ギャザクラの講義は彼の人が受け持ってくれたという……w

tuku_2021072623075631c.png

「どうしてこうなった!!??!」


まぁ問題があったとしたら、毎週毎週欠席者が出たために、その都度補習をしていたということ。
座学だけでも1時間半ほどの授業内容だったので、それだけで1日の活動時間が終了するというねw
シグマ零式の固定も始まって割かしいっぱいいっぱいだったのを覚えてます(´ω`)

そんな感じで、教えてる人間がブレブレだと教わるほうにもわかるみたいで、
6人で初めた2期生も最終的に1人まで減っちゃって。

今でも後悔してますね。
まぁ授業以外でも2期のメンバーは個々がとてとてフリーダムだったので、逆に学園に縛り付けちゃうのもなぁ、って感じだったのですが、、、
でももうちょっとうまく出来なかったかなーって思っています。

授業に関しては、ここら辺までマクロ欄に授業内容書いてコピペしていたのですが、2期が終わったタイミングで色々書き足したいなぁ、修正したいなぁ……という欲も。
実技も、都度変えるのではなく、もっと共通で簡単にこなせるやつを…。
3期をやる前に一回全部洗いざらい見直そう!

20210803_07.png
そう思い立って3ヶ月くらいかけて準備して、挑んだ3期生。
今だから言いますが、ここが一種のターニングポイントだったなぁって思います。

そもそもメンバーのバランスが非常に良かった!
初心者3人、復帰者1人っていうのがやっててメリハリあって良かったというか…。
そもそも大人な人が多かったんよねー。

最後の最後まで、私が何かやるーというとすぐに乗っかってくれたのが3期生は多かったなぁって。
一期の面々とは違った意味で助けてくれたのが3期でしたねぇ、、、うん。

20210803_08.png
そうやって、上手くいくと人間欲が出て来るのです……w

3期も終わらないうちに4期を募集。
この時も4名で募集打ち切りましたが、募集の埋まった速度が後にも先にも無いほどに早かった…w
1ヶ月募集に使って、ギリギリ揃う!みたいな感じが続いていたのに、4期は募集始めて2週間足らずで募集〆切ることになるという。

ここで早かった分、5期以降になると9期くらいまで募集最終日に最後の1人を面接するという何か呪いの類にかかってしまうのですが…w

後期に実技の授業でお手伝いしてくれた子も4期でしたが、その子が強烈で、
『募集内容見て来ました!!!応募文はまだ書いてません!!!!!』
そう言って、学園まで直接乗り込んできたララフェルの子。

20210803_11.png
その子が、今尚ログイン続けてくれてて、エレゼンに幻想したかと思いきやそのまま各絶コンテンツを踏破していくだなんて当時はそんなこと全く思って無かった…w

そう言えば4期のこの時期でしたね、
学園の引っ越し、現校舎に移ってきたのが。

Sだと手狭になってきたよねーという話になり、Mを探すも空いているのはゴブレットビュートしかなくて。
ゴブはどうしてもミストやラベンダーに比べて見劣りしてしまうのですが、一点、惚れてしまったところが出来てしまい…!!

20210803_09.png
それがこの下の通路の屋根の部分。
ここが乗れる!!??と気づいた時には引っ越しを決意してたというw

学園創立1周年とその勢いのままに4期を終わらせ、
さぁ5期だ!!と言った時期はちょうど漆黒シリーズに入る直前。

CWLSが実装される前の、LSでは最後の期であったのが5期生でした。

募集始めてすぐに応募してくれたララフェルの子。
その後は4期の時に始めた仮宿システム(入学する前段階の生徒をサポートする用のLS)で対応していたのですが、その子以外の募集がまるでない!!

確かにタイミング的には大型拡張のくる前のナギ節なので、このタイミングで始める人はまぁ皆無でした。
(3期の時は夏休み、4期の時は冬休みのタイミングでの募集だったので、休みついでに復帰したり始める人が多かったのもある)

そんな中でも最後の最後の日に募集して来てくれた子がまぁ良い感じに始めたてのオスッテの子で…。

20210803_10.png
結構差は開いてましたし、折角はいってくれたオスッテの子もちょうど仕事の忙しい時期だったらしく、先に入ったララフェルの子との差もだんだん空いていき、これは2人とも飽きて辞めちゃうかなって心配してました。
(このことが原因で募集文にある一文が追加されるのはまた別の話……w)

それでも2人とも、最後まで駆け抜けてくれました。

卒業式の時にひとりずつ、れんげさんがコメントするのですが、
「え、ここ何か言わないとダメっすか?」
と言われたのは後にも先にも、このオスッテの子だけでした…w



そして時間は進み、紅蓮環境が漆黒環境に……。

ワールド間テレポにCWLSの整備がされて、タガタメ学園もGAIA DC全域から生徒を募集することになるのです……。


20210803_02.png
……はいっ!!
以上が前半戦になります!!

学園始めてここまでですでに1年半経っているというね……w
本当はもうちょっとさっくり終わらそうと思ってたのに何だかんだ文章長くなったので6期以降は後半戦へw

そんな後半戦も!近いうちに更新します!!たぶん!!!

と言った感じで前半戦は〆たいと思います!!!

でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

激突!タガタメ学園長 VS 卒業生!

20210727_01.png

Let’sタガタメ学園!!

タガタメ学園。
初心者支援をというMMOというジャンルのゲームに必ずある終わり無きコンテンツのひとつに挑んだララフェル。
そのララフェルが辿り着きしは、
初心者支援を越えた初心者強化を謳う、エオルゼア髄一の学園の作成。

2018年1月から活動を始め、計2021年7月の時点で10期生まで、42名の卒業生を輩出してきました。
そんな学園活動も今月7月を以って活動の終了となっております。

そんな時期に、なんと、タガタメ学園の学園長から……

卒業生に向けて果たし状が!!!

4fwp07V1.jpg

事の始まりは2021年6月の終わりごろ。
タガタメ学園10期生が卒業し、そろそろ閉めに向けて色々作業していた時の事。

renge_20210726230754893.png

「おつくねさーま!! 
Lサイズ買う買うって言って生徒達からふんだくった寄付してもらったギルどうしよう!??」


tuku_20210726231211919.png

「とりあえず放置?
もしくはイベントでもやる?」


renge_20210726230754893.png

「だったらやってみたいことがありけり!!」



そんなノリで決まったのが今回のイベントになりますw
タガタメ学園を卒業した生徒なら解って当たり前な問題をおつくねさまとドドンと50問ほど考えてきました!
参考例として下記を見て解いてみてください!!

XCmKpnUE.jpg

基本的には、
授業でやった内容・ゲーム内で確認出来る内容・ネットで調べれば出て来る内容
という縛りで作成しました。

当ブログを日常的に見てくれている読者様たちからしたら簡単すぎて欠伸が出てしまう恐れがありますね!!
※正解は当ブログコメント欄に記載!


そんな感じでここまでが前置きです。
今回はそんなイベントの、準備と当日の様子をマニュアルっぽくまとめていきたいと思います!
イベントネタに困ってる方の助けになれば幸いです。

20210727_06.png
① 準備編

クイズ大会やりたい!というのは即決だったので、まず最初に沢山の生徒たちが参加出来るように日程を決めました。
基本的に授業は土曜日に行われていたので、学園で何かある時は大体土曜の夜!という暗黙のルールはあったので、学園を閉める1週間前、7/24にやろうと決めました。

その後はすぐにスケジュール押さえてもらうために、某調整さんを使用して出欠の確認を3週間以上前からしておきました。
ちょうどいいタイミングで復帰者キャンペーンにも当たったので引退してる生徒も何人かは参加出来ましたね。
(そもそも学園生はtwitterのDMで連絡を取り合っていましたのでそこで休止してても平等に声がかけられるメリットを最大限使用しました)

その際にざっくり賞金を決めて、何人集まったらこうするというシュミレーションをしつつ、問題のジャンル、各ジャンルで何問作るかを決めてました。
ここまでで1日。

そこから問題作成に1週間。
問題作成も、Googleのスプレットシートを使用して、共有しつつ作成してきました。
ここで共有しておくことによって、問題の被りだったり、難易度をどの位で作っているかお互いが見ながら出来たので、いやぁ便利な世の中になったなぁってしみじみ思いましたねw

20210727_05.png

問題を作成したら、お互いに通話をしながらフィードバックをし、その頃になると参加意志のある子はどんどん名乗り出てた状態だったので、それだったら賞金の枠を増やそうとなったので、その内容を決めました。

最終的には24人の生徒が参加表明してくれたので、いやぁ早めに日時を抑えるのは大事だと。

そのままざっくりとしたチーム決めも、事前に運営側で決めていました。
と言うのが、当日その場でこちらから「チーム作ってー!」とお願いしても、誰があまるとかなんだとかで時間が経過してしまいテンポが悪くなってしまう恐れがあったからですねぇ。

これは社会でも言えることですね。 つまりFF14は現実。

その後は賞金用のバターやらボイルドエッグを999個作ったり、お互いの問題文の文言を合わせたり、お知らせ画像を作ったり2人での作業でしたが、組んでる人のスペックが高いのでスラスラと…w

学園建てた時も、授業の内容考えている時も、参加者が楽しんでくれることを考えて何事も作っているのでこういうの好きなんだなぁってしみじみ思ったとか思わなかったとか…w

因みにルールも考え、先行して公開していました。
・4人1チーム チーム対抗戦 
・答案者は1人ずつ交代(座布団に座っている者が答案する)
・早押し問題(ノで回答 以上で〆) 指名されてから30秒
・各問題は『~~?』までで1問
・間違えたチームはその問題の解答権は無し
・全文出てから答えの提示まで2分
・問題に対してのカンニング(検索等)やPTチャットでのサポートは有
・途中、新生のとあるIDに行く場合有り
・正解するとポイント+1 ID問題に正解するとポイント+3


如何せん50問もあったのとスタートが21時と遅めの時間からなので日を跨ぐ前には終わらせるという意気込みを込めて、時間に関しては何回か2人でPTを組んでチャットを流すペースだったりを練習しました。
でもこのチャットを流すのも、常日頃から授業でのコピペで培ってきた動作だったので特に問題もなく…w

勿論早押し問題が根本になっている為引っ掛け問題も何問か作成していたので問題の終わりは~~?で終わるよ等、一旦参加者には目を通しておいて貰ってというのはやっておきました。
じゃないと日を(ry


20210727_07.png
② 当日編

開始時間よりも30分ほど前に集合してもらい、改めてルールの詳細を参加者と共有し、練習問題を使用して、運営側がどういう流れでやりたいかを参加者と共有しました。
この位のスピードでチャットを流すだったり、回答開始から制限時間内にチャットに打ち込むだったりですね。
問題が終わったら次の人と交代も練習問題をやった段階で全員が把握してくれたので、実際その後の進行もスムーズに行うことが出来ました。
終わってから生徒のひとりが、「これ軍隊か?ってくらいの統率感」とコメントしてましたが、いやぁ、訓練されてるなぁってw
多分普通の初心者支援でやってる集まりじゃこんな統率取れないとww
一体誰が、生徒たちがこんなになるまで鍛えてしまったのだろうか……w

ですがまぁ、始まってしまうとみんな楽しそうにやってくれて……。

「問題。ジャンル:雑学から」
「ノ」
「ちょwまだ問題言ってないのに手を挙げてるww」
「打ち込んで準備しようとしただけなのにいいいいい!!!」
「はい、お手付きねw FF14公式アプリ、何という名前?」
「ノ KOンパニオンアプリ!!」
「なんでそこで誤字るのおおおお!!!ww」


などなどw

IDに行く問題は、各PTで運営が指名したIDに突入、クリアしてもらい、最初に学園内に設置されている指定の椅子に座るとそこから問題がLSチャットに流れて、それに答えられるかと言うもの。
多すぎても時間の配分調整が大変だったので50問中3問はポイントアップも兼ねて採用しました。

問題を、誰かが座った後から読むことで2番手以降のPTは突入しながら問題を考える余裕が出来たりできるようにする。
間違えたらもう一回同じIDを走ってくれば回答権は与えられるが、その間に他のPTに答えられるというリスクもある。
そういった駆け引きみたいな要素も組み込んだりしてました。

採用したIDもサスタシャ・ブレフロ・ワンダラーといったクリアまでに短いところを今イベントでは採用。
そうすることでIDクリアまでで力尽きない、ぐだらないという配慮も大事かなぁと。

IDを絡める場合は制限解除はOKにするようにしましょう。
ただ、制限解除OKと言っているのに解除しないで凸したPTなんかもありましたw
各PTが最適なPT構成で新生IDを駆け抜けており、待っていた運営側も結構慌ただしくしてましたね。

20210727_09.png
フレンドリスト見て、ログインしてる学園生がみんな同じID走っているのを見るのは、色々感慨深いものがありましたねw

終わってからは結果発表でしたが喜びの声と感嘆の声、そして驚愕の声もが響き渡り、学園最後のイベントはこうして幕を閉じました。


20210727_10.png
③ 感想・反省編

ホント、最後に授業以外でもこうしてみんなが楽しんで貰えるようなイベントが出来て良かった、というのが率直な感想。
反省点は、こんなに盛り上がるならなんでもっと早くにやっていなかったのか。
こんなに楽しんで貰えるならなんでもっとたくさんやらなかったのか。

てな感じですねー。

因みにこのイベント。FCやLSでも簡単に出来ると思います。
事前に準備するものも「問題」と「賞品」くらいなので、実際そんなに手間もかかりません。

外部ツールを使用したくないのであればロドストのフォーラムだったりもあるので、日程を調整できれば簡単に開催できるかと思います。

れんげさんみたいに後悔しない為にも、ぜひお試しください!
詳細なマニュアルや質問などありましたらお教えしますのでお気軽にコメントいただければ!

20210727_11.png

ホント、楽しかったです。
その分、終わった時の寂しさが半端ないんですがねw

学園終了まで、残り1週間を切りました。
最後まで笑ってられるかわからんです。
でも、しっかりと、終わらせたいと思います。

そんな感じで今日はここまで!

でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

タガタメ学園10期生 カツドウノキロク

20210629_01.png
Let’sタガタメ学園!!

気が付いたらもう夏ですね。
2021年も半分が終わるという衝撃ですよ!
はやいよなぁ…ホント……

さて、タガタメ学園!

先日第10期生
卒業証書授与式が行われました!!

今期はタガタメ学園終了を念頭に置いて行われました。
最後だということで、れんげさん自身も実技の授業に混じって行いました。
(実は1期生ぶりに!

そんな10期生の軌跡をまとめたいと思います!
【過去の活動記録はコチラから】
初心者強化CWLS タガタメ学園 総まとめ!

20210629_02_20210628232839fb3.png
■10期生 活動記録
3 名


1日目 自己紹介
2日目 基礎論
3日目 タンク基本講義
4日目 ヒーラー基本講義
5日目 DPS基本講義
6日目 中間テスト
7日目 ギャザクラ講義 1回目
8日目 ギャザクラ講義 2回目
9日目 PvP体験講義
10日目 10期主導イベント会
11日目 卒業論文発表会
12日目 卒業式



今期は、最初の段階で出来る子と出来ない子の差が顕著でしたねぇ

ただ出来る子は出来ない子のフォローを、
出来ない子は出来ない子で意地でも追いつく、っていう気迫がどの期よりも強かったかなぁと。

20210629_03.png

そんな10期生の卒業式。

れんげさんの、最後の生徒たち。
思い返してみればもうちょっと先生っぽいこと出来たんじゃないかなぁって。
若干反省するべき後悔もあったりしましたが、教えることは教えられたと。

たった3ヶ月。去れど3ヶ月。
最初の頃は様々なことに怯えていた生徒たちが、胸を張って立てるようにはなりました。

これからの長い長いエオルゼア生活を楽しむための大事な3ヶ月になったと思います!!

改めて卒業おめでとう!!


20210629_05.png

さてさて如何だったでしょうかタガタメ学園!

実はもうひとりだけ、タガタメ学園にはまだ卒業出来てない人が居るらしい。
そのひとりは、ただ新たな生徒を招いては教え、背中を押して、自分はその場でただひたすら見送っていたとか。

その人の卒業を以って、タガタメ学園は本当の終わりを迎えるとのこと。
あと1ヶ月。 最後は、追いかけないと、ね。


そんな感じで本日はここまで!!

でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

タガタメ学園10期生,始まります!

20210406_01.png
気が付いたら桜が咲いて散りましたねぇ。。。
4月ということでもういろいろなところで入学式やら入社式やら行われたのかな?

社員の平均年齢68歳の弊社は今年も安定してれんげさんが1番フレッシュです。
フレッシュ過ぎていつまで経っても新人扱いです。 それはそれでどうなんだろうって最近思い始めてきました!!

もう今年で……歳の話は辞めよう、誰も幸せにならない。

さてさて、我らが初心者強化CWLS「タガタメ学園」

10期生、無事に揃いました。

今期も定例通り揃うのはギリギリか…、と不安になるところもありました。
というのが、募集の最終締め切りをいつも通りプレ授業の翌週水曜日にしてしまっていたから。

普段なら、次回やる時に出ればいいよー、で済むのですが、
今期で一旦のラストを迎える為、これ受けれなかったら……。
と募集してる途中で気づき、ミスをかますという失態をしてしまいましたが、

何とかプレ授業前に規定していた人数の面接を終えることが出来ました!
毎度毎度たくさんの方のいいね・RTのお陰です!
本当にありがとうございました!!


そんな10期生、授業が先日から始まりました。
第1回授業はそうです、
みんな大好き自己紹介!

初心者強化LSタガタメ学園、最後の入学生、
そんなメンバーをドドドドンッ!!ご紹介したいと思いますっ!

20210406_02.png
れねさん
デュラ鯖から参加です!
アストルティアからエオルゼアにやってきた旅人さんです!

基本的にソロでのんびりしていたところに、FF14のストーリーが面白いと聞いて、気合入れて初めてみたものの、
PTでのプレイというものにプレッシャーを感じ、これを機に学ぼうと学園の門を叩いてくれました。

平日はお忙しそうですが、何とか最後まで食らいついてきてほしいですね!

20210406_03.png
ちまさん
デュラ鯖の住民!
ララフェル!!!!

基本的にコンテンツはFCの方にお手伝いしてもらい、ただ過行く景色を見てるだけに疑問を持っていたそうです。
そんな中、FCに新人さんが入り、後輩が出来て喜んだ矢先、その新人さんが辞めてしまい、色々思うところがあったそうです。
そんな折に、学園の募集が目に入り、改めて1から勉強をしたいと!!

己を高め、先行き立派な先輩ヒカセンになってもらいたいですね!

20210406_04.png
うぇるちさん
イフリート鯖より参加!
今期唯一のメンズキャラです!!

過去に様々なネトゲーを渡り歩いてきた歴戦の猛者(れんげさん談)
そんな中で、タガタメ学園の様な活動をしているところを見たことがない、というところから興味を持ってもらえたとか。
もう既にPvPの楽しさに触れているみたいで、メインそっちのけでプレイしているとか!

まだまだ他にも楽しいことに触れたい…!そんな思いと共に今後を楽しんでいってほしいです!

20210406_05.png
SSは仲良シスターズ

タガタメ学園は2021年7月で解散します。
つまり今期が泣いても笑っても最後の授業になるわけです。
毎期毎期自分なりに反省点とか改善点をまとめてますが、
次回が無い為、それはつまりどういうことかというと、、、

全力でやるしかないんだよね…!

座学での公開授業は勿論、
今までは卒業生に任せていた実技の教官も今期はれんげさんが受け持ちます。
実技の教官とかやるの実は2期生以来というね…w

特に最近はFF14自体がご無沙汰というのもあるので新入生に負けず頑張りたいと思います。

最後は笑顔でいられることを祈りつつ、10期生の授業を始めます!!

がんばるぞー!!

でわでわ~ ノシ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

桔梗 蓮華

Author:桔梗 蓮華
FF14 Uni&If鯖にて世界を救ったりしながら日々全力でまったりすることを目標に生きてます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

初心者講習用記事
初心者まとめ
タガタメ学園まとめ!
タガタメまとめ
ポケットれんちゃん(閉鎖中)
 
カテゴリ
いつも感謝